とろけるふとん

メニュー

機能について

熟睡を導く要素が満載

人が熟睡するために欠かせない要素には、体をあたたかく包み込む保温性、汗をかいてもムレにくい吸湿・放湿性や通気性、やわらかくてしなやかな肌添いのよさなどが挙げられます。
「とろけるふとん®enifea」は、熟睡に導く要素において非常に優れているため、快適におやすみいただけます。
眠るのが惜しいくらいの気持ちよさなのに、やわらかな眠りに吸い込まれて、いつの間にか朝を迎えている。そんな極上の眠りをめざして生まれた新感覚のふとんです。

  • オール
    シーズン
    対応

  • 極上の
    肌触り

  • 高い
    保温性

  • 吸湿・
    通気性

オールシーズン、リバーシブルでご使用いただけます

感動のやわらかさのとろけるふとん®enifeaはまるでふとんのインナーウェア。
ぜひ素肌の一番近くでお使いいただき、全身の素肌でやわらかな肌触りをご堪能ください。
春・夏・秋は1枚で、冬はインナーケットとして冬用掛けふとんの下に。この心地よさは手放せない特別な1枚になります。
また、両面どちらを使ってもよい、リバーシブルデザインにしました。寝室のインテリアや気分に合わせて使えます。

性能試験で実証された実力

A.保温性

  とろけるふとん®enifea II
スムースキン生地
スピリオール 0.8kg
ふとん
綿ブロード生地
羊毛 0.8kg
ポリエステルふとん
綿ブロード生地
ポリエステル 0.8kg
真綿ふとん
シルク50%・綿50%生地
シルク真綿 0.8kg
羽毛ふとん
PE85%・綿15%生地
ダウン 0.8kg
保温率(%) 72.4 65.3 71.8 65.0 80.6
評価 4 4 4 4 5
5段階
評価基準
5 4 3 2 1
保温率80%以上 保温率60%以上80%未満 保温率40%以上60%未満 保温率20%以上40%未満 保温率20未満

冷感刺激は筋肉を緊張させたり、皮膚表面の血流量が低下させ、睡眠中の深部体温が下がり、熟眠感が得られないことが多いといわれています。だから快適な睡眠のためには保温性の高い寝具が必要です。テストの結果、羽毛ふとんには劣るものの、とろけるふとん®enifea IIも高い保温性を示しています。

B.吸湿性

  とろけるふとん®enifea II
スムースキン生地
スピリオール 0.8kg
羊毛ふとん
綿ブロード生地
羊毛 0.8kg
ポリエステルふとん
綿ブロード生地
ポリエステル 0.8kg
真綿ふとん
シルク50%・綿50%生地
シルク真綿 0.8kg
羽毛ふとん
PE85%・綿15%生地
ダウン 0.8kg
⊿MR 6.9 6.6 3.0 7.5 4.3
評価 4 4 2 4 3
5段階
評価基準
5 4 3 2 1
⊿MR8.0以上 ⊿MR6.0以上8.0未満 ⊿MR4.0以上6.0未満 ⊿MR2.0以上4.0未満 ⊿MR2.0未満

寝ているとき、人間はコップ1杯分の汗をかくといわれています。眠りに落ちるギリギリまで、肌触りの感覚は残っており、浅い睡眠中でもその感覚はかすかに働いています。だから、汗をすばやく吸い取って、ベタベタ感のない心地よい肌触りをたもつ吸湿性が必要です。テストの結果、とろけるふとん®enifea IIは優れた吸湿性があることがわかりました。

C.放湿性

  とろけるふとん®enifea II
スムースキン生地
スピリオール 0.8kg
羊毛ふとん
綿ブロード生地
羊毛 0.8kg
ポリエステルふとん
綿ブロード生地
ポリエステル 0.8kg
真綿ふとん
シルク50%・綿50%生地
シルク真綿 0.8kg
羽毛ふとん
PE85%・綿15%生地
ダウン 0.8kg
⊿MR 6.9 6.6 3.0 7.5 4.3
評価 4 4 2 4 3
5段階
評価基準
5 4 3 2 1
テキスト テキスト テキスト テキスト テキスト

睡眠中に汗をかくことで、体温を調節するため、寝ているとき、人間はコップ1杯分の汗をかくといわれています。高い湿度の状態では、体温が下がりにくくなり、寝苦しくなってしまうので、湿度を寝具から逃がすための高い放湿性が必要となります。テストの結果、とろけるふとん®enifea IIは優れた放湿性があることがわかりました。

D.通気性

  とろけるふとん®enifea II
スムースキン生地
スピリオール 0.8kg
羊毛ふとん
綿ブロード生地
羊毛 0.8kg
ポリエステルふとん
綿ブロード生地
ポリエステル 0.8kg
真綿ふとん
シルク50%・綿50%生地
シルク真綿 0.8kg
羽毛ふとん
PE85%・綿15%生地
ダウン 0.8kg
A法
㎤/㎠・sec
86.5 2.2 2.2 11.2 0.5
評価 5 1 1 1 1
5段階
評価基準
5 4 3 2 1
80㎤/㎠・sec以上 60以上80㎤/㎠・sec 40以上60㎤/㎠・sec未満 20以上40㎤/㎠・sec未満 20㎤/㎠・sec未満

放湿性が寝具にとって大切な要素であることと同じで、湿度を寝床から逃がし、湿度・温度調節をするには通気性も必要です。テストの結果、とろけるふとん®enifea IIは他のふとんとは一線を画す通気性があることがわかりました。

E.肌添い

  とろけるふとん®enifea II
スムースキン生地
スピリオール 0.8kg
羊毛ふとん
綿ブロード生地
羊毛 0.8kg
ポリエステルふとん
綿ブロード生地
ポリエステル 0.8kg
真綿ふとん
シルク50%・綿50%生地
シルク真綿 0.8kg
羽毛ふとん
PE85%・綿15%生地
ダウン 0.8kg
264.0 284.2 425.3 126.5 417.0
評価 4 4 2 5 2
5段階
評価基準
5 4 3 2 1
200㎠未満 200以上300㎠未満 300以上400㎠未満 400以上500㎠未満 500㎠以上

寝返りは体温・湿度の調節、血液循環の促進、ノンレム睡眠・レム睡眠の移行をスムーズにさせる大切な役割を果たします。寝返りを打ってもふとんが寝ている体にやさしくより沿うことで、寝返りのたびに睡眠を邪魔することが少なくなります。テストの結果、真綿ふとんが最も肌沿いがよく、2番目にとろけるふとん®enifea IIが肌沿いのよさを示しました。

評価まとめ

A.保温性 4 4 4 4 5
B.吸湿性 4 4 2 4 3
C.放湿性 4 4 2 4 3
D.通気性 5 1 1 1 1
E.肌沿い 4 4 2 5 2
合計 21 17 11 18 14
  • 5段階評価基準は、株式会社ディーブレスが設定。
  • 各試験は、ユニチカガーメンテック株式会社リサーチラボ事業本部によるもの。

とろけるふとん®enifea IIは、保温性・肌沿いで他にわずかに劣るものの、すべての項目で高い評価を得ています。総合的な観点からみると、最も快適な寝具に必要な性能をバランスよく兼ね備えていると考えられます。

COPYRIGHT 2020 ©D-BREATH CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ

メニューを閉じる